フォト
無料ブログはココログ

twitter2

旅行・地域

2014年2月 1日 (土)

さっぽろ雪まつりは2月5日に開幕です。狸小路商店街お迎えポスターと雪まつりポスター

Tanukikojiyukimaturi

下駄・草履・雪駄専門店現代屋の高野です。

第65回さっぽろ雪まつりが、2月5日~11日までの7日間にわたって開催されます。

狸小路商店街では全国各地はもとより世界各国から訪れる多くの方々をお迎えするために、ようこそポスターを作成し、狸小路商店街の各店で掲示しております。
そのようこそポスターと雪まつりのポスターが本日弊社に配布されました。 ようこそポスター内には、ようこその文字が日本語の他、英語・中国語・タイ語・韓国語で表記しております。

第65回さっぽろ雪まつりポスターは、海外の方へ「日本の雪まつり」である事を強くアピールするため、浮世絵風のビジュアルで制作しいます。海外の方のみならず日本人にとっても、浮世絵風の雪まつりポスターはユニークで新鮮な印象を与えます。弊社の店頭にこのポスターを掲示しておりますが、この浮世絵風が和装履物のお店にとてもマッチしてます。

4日後の5日から、いよいよ第65回さっぽろ雪まつりが開幕しますが、大通会場だけは前日の4日から入場を解放するそうです。

今年と過去16年間のさっぽろ雪まつり大通会場の氷雪像の風景は、以下のサイトにございます。
さっぽろ雪まつり大通会場ギャラリー
世界的にも有名な札幌の冬のイベント さっぽろ雪まつり 大通会場の氷像・雪像の風景を第49回から第65回まで紹介。


Yukimaturi

今年の雪まつりポスターの内容を解説します。
夜空に雪が降る中、背景は、左に時計台(旧札幌農学校演武場)中央にさっぽろテレビ塔、右はたぶん大倉山と大倉山シャンツェ(ジャンプ台)、中央には雪で作られたような白い文字で「65th SAPPORO SNOW FESTIVAL」とありその文字の上の両サイドに「雪まつりのシンボルキャラクター」が勢い良く飛び出している様子、中央から下は、雪まつりを見て、指を指して喜び、驚き、写真を撮るなどしている日本をはじめ世界各国の人々?が描かれております。
この人々の風景ですが、私には去年初めて中雪像にプロジェクタマッピングを映し出し公開した時の人々の様子のようで、去年のあの風景を思い出しました。

2014年1月26日 (日)

札幌中心部でWi-Fiが使えるお店。無線LAN無料開放店。掲載中

下駄・草履・雪駄専門店の現代屋です。先日、所属丁内会のイベントの打ち合わせで、狸小路5丁目「 道産食彩HUG(ハグ)マート」のカキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸に行って来ました。

打ち合わせも終わり帰るときに、以下の様な文面の張り紙に気が付きました。

「ハグイートはfree wi-fiゾーンです。ハグイートではwi-fi(無線LAN)を無料開放中!お仕事に、iphone、ipod touchでの楽しいひとときにハグイートをご活用下さい。」

最近はWi-Fiが使えるお店が増えているんですね。
早速、自分のスマホをWi-Fiに繋いでみるとセキュリティがまったくかかってなく、そのまま接続されました。私はスマホのデータ通信は3Gに殆ど接続せずに、ほぼWi-Fiのみで運用しているので、wi-fi(無線LAN)を無料開放しているお店はありがたく、とても気になりだしました。

そこで、wi-fi(無線LAN)を無料開放しているお店 をわかり次第、ここに列記してゆきます。

■wi-fi(無線LAN)を無料開放しているお店

・狸小路5丁目「 道産食彩HUG(ハグ)マート」
・セブンイレブン札幌狸小路3丁目店 セブンスポット(無料WiFi)

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック