フォト
無料ブログはココログ

« EPSON PX-K150 モノクロインクジェットプリンター | トップページ | 札幌の商業ビル「コスモ」の名称が「ナナイロ」に変わった »

2013年11月26日 (火)

EPSON PX-K150 モノクロインクジェットプリンターのインクカートリッジICBK73

 

EPSON PX-K150 モノクロプリンターを9月28日から使っていて11月11日に初のインク警告があった。
「インクが残り少なくなりました。純正品の用意をお勧めします。」と表示。
最初に付いてきたインクなので、標準の物よりインクは少なめだと思うが1ヶ月半はもつようだ。交換インクは用意済である。

9919v300

11月25日に EPSON PX-K150 2度目のインク警告がきた。印刷中に以下のメッセージが表示された。
インク残量が限界値を下回りました。 新しいインクカートリッジに交換してください。
この時点でインクを換えないと印刷出来ない。
インクカートリッジ交換ウィザードがあり、そこをクリックしてゆくと、インクカートリッジの図解付きの説明が表示されそのとおり実行して次へとどんどん進むと無事にインクカートリッジの交換が終わる。便利になった物だ。

付属インクで 9/28から11/25まで使えたので、交換した新品インクは2ヶ月は使えると思う。 純正モノクロインクカートリッジ約2500円一個でこれだけ使えるのだからインク代もカラープリンター使用時のカラーインク代よりも安く経済的だ。

« EPSON PX-K150 モノクロインクジェットプリンター | トップページ | 札幌の商業ビル「コスモ」の名称が「ナナイロ」に変わった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591666/58646644

この記事へのトラックバック一覧です: EPSON PX-K150 モノクロインクジェットプリンターのインクカートリッジICBK73:

« EPSON PX-K150 モノクロインクジェットプリンター | トップページ | 札幌の商業ビル「コスモ」の名称が「ナナイロ」に変わった »