フォト
無料ブログはココログ

« ブログタイトルの変更とSEOとGoogle PageRank | トップページ | 「日本料理 花城」ルネッサンスサッポロホテル3F »

2013年2月20日 (水)

札幌かに料理専門店 氷雪の門

下駄屋の現代屋です。

2月19日午後8時より、すすきのの札幌かに料理専門店 氷雪の門で、私の所属している会の会員4人で、ちょと遅い新年会を行いました。札幌の冬最大のイベント雪まつりも終わって一段落した時期ということで、2月はちょっと遅い新年会が3回あります。その第1回目です。

Hyosetunomonv400_2

氷雪の門と言えば、北海道稚内市の稚内公園内にあるかつて日本領土だった樺太で亡くなった日本人のための慰霊碑が有名ですが、稚内市長の浜森辰雄氏がこの店の開店するにあたり店名を命名してくれたそうです。

詳しくは、http://www.hyousetsu.co.jp/story/を御覧ください。

氷雪の門は、掘りごたつ個室(2〜4名様)から最大100名様のご宴会までご利用頂けるお部屋があり、今回は3階の4名の個室です。

Dsc_0271v300

今日のコースは、
氷雪の門 たらば蟹コース 9,020円+飲み放題1980円(税、サ料込)
たらば蟹で味わって頂きたいお料理をコースにした、まさしくたらば蟹のフルコースです。

氷雪の門は、たらば蟹料理専門店として1969年にオープン。30年前までは、5~6Kgのたらば蟹が普通でしたが、今では3Kgが大きいと言われるように資源が危ぶまれるたらば蟹です。この氷雪の門では、資源管理が世界一厳しいアラスカ産のたらば蟹を使用したフルコースをご用意してくれてます。

料理の内容です。

先付     日替わり 撮影するの忘れてました。

お造り     たらば蟹太身カット たらば蟹抱身、旬魚

0274v300

焼物     たらば蟹太身の炭焼き

0276v300

蒸物     たらば蟹抱身のセイロ蒸し

0277v300

温物     たらば蟹足(太身、らっきょ、抱身)、野菜のしゃぶしゃぶ

0275v300

焼皿     たらば蟹爪足(ばか)を使ったグラタン

0281v300


口代わり     モズク酢の蟹身載せ

0279v300

揚物     たらば蟹足南蛮と野菜の天ぷら

0283v300

食事     しゃぶしゃぶ後の雑炊 香の物     漬物三種

0284v300

デザート     シャーベット

0286v300

サービスの日本酒

0285v300_3

たらばずくしといえるこのコース料理はすばらしかったです。

このお店の代表とは小学校の同級生ということもあり、また、2名からお座敷の個室を予約できますので、何かあるときに利用させて頂いております。

氷雪の門の料理コースは4000円くらいから16000円までの細かい料金設定で、予算に応じた料理コースがございます。
氷雪の門としてはお手頃な価格帯6600円のコース『ずわいが先かたらばが先か』は、ずわいがにとたらばがにの味を楽しめますのでお薦めです。

札幌で蟹料理でしたら是非ご利用になってはいかがでしょうか。

札幌かに料理専門店 氷雪の門 http://www.hyousetsu.co.jp/

« ブログタイトルの変更とSEOとGoogle PageRank | トップページ | 「日本料理 花城」ルネッサンスサッポロホテル3F »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌かに料理専門店 氷雪の門:

« ブログタイトルの変更とSEOとGoogle PageRank | トップページ | 「日本料理 花城」ルネッサンスサッポロホテル3F »